大谷桃子の病名(病気)は子宮頸がんワクチンが原因?出身高校・中学が気になる!

スポンサーリンク


TOKYO2020パラリンピック車椅子テニスシングルスで準々決勝に進まれた大谷桃子(おおたに ももこ)選手に注目が集まっています。

今回は、大谷桃子選手

  • 病名(病気)は子宮頸がんワクチンが原因?
  • 出身高校・中学

などについて紹介していきます。

 

大谷桃子選手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

TOALSON(@toalson_official)がシェアした投稿


スポンサーリンク


名前 大谷桃子(おおたに ももこ)
生年月日 1995年8月24日
年齢 26歳(2021年8月時点)
血液型 A型
出身地 栃木県栃木市
身長 162.5㎝
出身大学 西九州大学健康福祉学部スポーツ健康福祉学科卒業
競技 車いすテニス
所属 株式会社かんぽ生命保険
アスリートサポート契約 株式会社ゴールドウイン
ITFシングルスランキング 9位
JWTA国内シングルスランキング 2位
座右の銘 練習は裏切らない
使用ラケット トアルソン
使用ウエア エレッセ

過去に書いた記事ですが、良ければこちらもご覧ください。

⇒大谷桃子のwikiプロフや年収について!コーチや使用ラケットが気になる!

 

大谷桃子選手の病名(病気)は子宮頸がんワクチンが原因?

大谷桃子選手の病名(病気)は本人の発言等調べたところ、分かりませんでした。

ただ、松藤美香さんという方が大谷桃子選手の子宮頸がんワクチンが原因とツイートしていました。

松藤美香さんは、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会代表されているようです。

そのツイートはこちらです。

子宮頸がんワクチンを接種されたということは、大谷桃子選手は子宮の病気だった可能性があり、その薬の副作用で身体に麻痺が残り、右足は完全に麻痺している状態です。

子宮頸がんワクチンが原因で病気になったのではないと思われます。

右手の握力も6~7㎏しかなく、麻痺している3本の指は自力で曲げられなくてテーピングを使ってラケットのグリップに固定しているそうです。

こうしたハンデを持ちながら、車椅子テニスを始めて4年で世界ランキング7位にまで上りつめられてます。

 

大谷桃子選手の出身高校・中学はどこ?

出身高校

出身高校は、作新学院高等学校です。

作新学院高等学校は、栃木県宇都宮市一の沢1丁目1-41にある男女共学の私立高校です。

偏差値は40~71

トップ英進部SIコースは、偏差値71で栃木県の私立高校で第2位です。

大谷桃子選手はスポーツ推薦で進学し、高校3年生の時にダブルスでインターハイにも出場しています。

高校卒業後、スポーツトレーナーを目指して専門学校に進学してまもなく病に倒れ薬の副作用で身体に麻痺が残り車椅子テニスと出会うことになります。

《出身有名人》

  • 江川卓さん(元プロ野球選手)
  • 斉藤和義さん(シンガーソングライター)
  • 萩野公介さん(競泳選手)

 

出身中学

大谷桃子選手の出身中学は、栃木県栃木市立東陽中学校です。

栃木県栃木市立東陽中学校は、栃木市大宮町1287-1にある男女共学の公立中学校です。

大谷桃子選手は、3年生の時に関東エリアのジュニア選手権に出場されています。

 

まとめ

今回は、車椅子テニスプレイヤーの大谷桃子選手を紹介しました。

以下、まとめになります。

  • 病名(病気)は子宮の病気の可能性あり。
  • 病気の治療に子宮頸がんワクチンを使用した可能性あり。
  • 出身高校は、作新学院高等学校。
  • 出身中学は、栃木市立東陽中学校。

得意のサーブで金メダル目指して頑張って欲しいです。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です