スターバックス福袋2022の倍率や再販を調査!

スポンサーリンク


 

この投稿をInstagramで見る

 

ftw.228.m(@ftw.228.m)がシェアした投稿

今回は、スターバックス福袋2022当選倍率再販について紹介していきます。

2021年11月4日にスターバックス公式HPにおいて、福袋抽選の詳細が発表され、ネットやSNSで話題となっています。

エントリー期間は、2021年11月8日(月)10時~11月19日(金)23時59分

当選発表は、2021年11月29日(月)11時〜17時頃

スタバではこんなキャンペーンもしてますのでご興味のある方はご覧になってください。

⇒スタバのクリスマス2021プレートを無料でもらえる方法や期間を紹介!

 

スターバックス福袋2022の当選倍率はどのくらい?

以前は、1月1日の早朝から店舗に並べば先着順で福袋を手に入れることができたのですが、オンライン抽選方式になってから入手出来なくなった人も多く、当選倍率が気になり調べてみました。

スターバックスからは、福袋の販売数やエントリー者数を公表していない為、実際の当選倍率は正確には分かりません。

ネットやSNSを見てみると2021年度の当選倍率についての情報がたくさんありました。

内容を見てみると倍率も幅があり、正確な数字はわかりませんが、かなり当選倍率は低いことは確かです。

 

当選確率を上げるコツ

当選倍率が分かったので、次に当選確率を上げるコツを調べてみました。

コツ①受取希望店舗は1店舗だけ選択しない

受取希望店舗は最大3店舗選べますので、第一希望の店舗で落選しても運が良ければ第二、第三受取希望店舗でも当選する可能性があります。

受取希望店舗を自宅からの最寄店だけでなく少し離れている店舗でも当選確率を上げる為には、残り2店舗も登録しておくと良いでしょう。

その前にすることがあります。

コツ②受取希望店舗に事前に行ってみる

抽選応募期間中は、各スターバックス店舗内に「福袋の販売について」という張紙が貼られます。

内容は、その店舗の予定当選数が書かれているのですがその数が少ない店舗を選ぶようにしましょう。

コツ③ショッピング街のスターバックス店舗を避ける

百貨店などが密集しているショッピング街の店舗は、他店で福袋を買うついでにスタバの福袋も買おうと考えている人も多いので当選確率も低くなります。

福袋購入される方は、お得に商品を買うという目的の人が多いので、他店の福袋も出かけた時に一緒に買おうと効率を考えるので当選確率は低くなる理由もよく分かりますよね(笑)

そう考えると逆の発想で、ショッピング街から離れているオフィス街にある店舗は正月休みに入っているので競争率が低く当選確率も高くなります。

 

スターバックス福袋2022の再販はある?

追加当選

2021年11月29日(月)の当選発表日に惜しくも抽選に外れても再販の前に追加当選の可能性があります。

公式ホームページにも次の記載があります。

『決済期限までにご購入されなかった当選無効分については、繰り上げ抽選を行います。』

毎年、実は繰り上げ抽選は行われていて追加当選をされた方がたくさんいらっしゃいます。

実際、話題につられて抽選に応募したものの、そんなに欲しくなかった人が一定数いるのだと思われます。

当選された方の決済期限が2021年12月6日(月)23:59までですので、12/7以降に追加当選の連絡があるかもしれません。

 

再販売

公式ホームページにも書かれてるのですが、今年の福袋は再販売はされません。

その原因は、昨年度の再販売時に応募が多く1時間以上サーバーがダウンし大混乱が起こったからだそうです。

大混乱を招いてしまったのは、

  • 再販は抽選落札者限定にせず、誰でも参加出来る一般販売としたこと
  • サーバーのダウン中、復旧後再販売するのか延期するのかアナウンスが無かった

この教訓を活かして2022年の福袋の再販はしないそうですが、再販は抽選落札者限定にしたら解決できそうですが皆さんはいかがお考えでしょうか?

 

まとめ

今回は、スターバックス福袋2022を紹介しました。

以下、まとめになります。

  • 倍率はかなり低い
  • 追加当選はありますが再販はありません。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です